配電盤、キュービクル、動力制御盤、監視盤の設計製造は日照電機製作所

配電盤、キュービクル、動力制御盤、監視盤の設計製造は日照電機製作所

配電盤、キュービクル、動力制御盤、監視盤の設計製造は日照電機製作所【企業理念】

常に積極的にかつ謙虚さを忘れずに、
優れた技術と実行力により社会貢献を目指します。

配電盤、キュービクル、動力制御盤、監視盤の設計製造は日照電機製作所【経営の目的】

顧客優先の精神に徹し、
最適な価格・品質・納期を提供すると共に適正な利潤を確保し、
企業の発展と社員の生活向上を目指します。

配電盤、キュービクル、動力制御盤、監視盤の設計製造は日照電機製作所

当社は主に各種制御盤、監視システム製造を主幹とするメーカーとして、今日まで着実な成長を続けてまいりました。
それは企業の姿勢として、顧客優先の精神に徹し、最適な価格(COST)、品質(QUALITY),納期(DELIVERY)、高い技術(TECNOLOGY)を提供してきた事が、お客様から信頼された結果であると確信しております。

COST
常に最適な価格(COST)を提供

小集団活動によるコストダウン意識を全社に植付け、標準化推進の為、
板金加工工程の半自動化(タレットパンチャー、レザー加工機、ハイブリットベンダーのCAD、CAM化)を行い、有効なコストダウンを実践し、お客様に付加価値の高い製品を納入しております。

DELIVERY
お客様に安心してお任せ頂ける、納品管理

製造業は、お客様とのお約束納期を厳守することがもっとも大切と考え、自社一貫生産に依る納品管理に注力し、
納期遅れゼロを常に念頭に置き、生産活動を行っております。

QUALITY
品質マネジメントシステムにより生産される高品質の製品群

JSIA優良工場認定を道内で最初に取得、
ISO9001に配電盤メーカーとしての追加事項を組み込んだ、優れた管理システムにより、高品質の製品群と各種サービスをお客様に提供し、納入後の品質も保証しております。
またPL保険(国内生産物賠償責任保険)の加入義務付けにより、顧客優先を実践しております。

TECHNICAL
優れた専門技術により、信頼性の高い製品群とサービスの提供

各種プラント設計・ソフト構築の経験に基づく優れた技術力を駆使して、
お客様へ高い信頼と安心を頂ける製品群と現地調整、保守点検、現地改造などのサービスを提供致します。

事業内容

各種配電盤・設計・製作

高低圧配電盤、制御盤、分電盤、端子盤、監視盤

各種ソフトウェア設計・制作

PLC制御、サーボ制御、監視装置

各種プラント電気計装設備・設計・製作・メンテナンス
電気省力化総合コンサルタント
各種局舎(情報、観測局舎)
会社概要
創立 昭和39年11月1日
資本金 5,000万円
代表取締役 小林一郎
商標 株式会社 日照電機製作所
従業員数 82名
建設業許可 電気工事業(般-29)石第15780号
機械器具設置業(般-29)石第15780号
電気工事業者届出(石狩)第27070号
売上高 15億円(平成28年度)
取引銀行 北洋銀行
三菱東京UFJ銀行
北陸銀行
会社沿革
昭和39年 11月1日会社設立(資本金500万円)札幌市白石区北郷に工場建設
昭和47年 三菱電機株式会社北海道支社協力工場となる
昭和53年 工場を札幌市白石区川下へ移転
昭和55年 資本金1,000万円に増資
昭和61年 資本金1,800万円に増資
平成元年 4月札幌市東区北丘珠工業団地へ本社工場を新規移転
平成4年 資本金2,000万円に増資
平成6年 資本金2,500万円に増資
平成7年 資本金3,500万円に増資
平成8年 資本金4,000万円に増資
8月本社新社屋増築
平成9年 7月第2工場建設
平成11年 JSIA優良工場認定取得
平成15年 資本金5,000万円に増資
平成25年 大型レーザー加工機へ更新
創立50周年記念祝賀会開催
平成26年 社屋LED化工事
配電盤、キュービクル、動力制御盤、監視盤の設計製造は日照電機製作所配電盤、キュービクル、動力制御盤、監視盤の設計製造は日照電機製作所